無排卵月経をピルで治療

以前、生理がずっと1か月くらい続きました。特にお腹が痛い訳でもなく、止まりそうで止まらないくらいの量の出血が続いていただけだったので、なかなか病院に行かなかったのですが、さすがに1か月以上続くと心配になり、婦人科で診てもらいました。

 

結果、無排卵出血だろうとの事で、ピル(プラノバール)を処方されました。一日1錠、忘れずに連続して飲む事を注意されたのと、吐き気などの副作用があるかもと言われたので、ドキドキしながら服用したのですが、特に体調に変化もなく順調に飲めました。

 

あれほど続いていた出血がピタリと止まり、ピルってすごいなと感心しました。その後、生理が来たのですが、その時の生理痛が痛かったです。

 

それまでほとんど生理痛らしい生理痛を感じた事がなかったので、これが本来の生理痛なのかとびっくりしました。下半身のだるさと下腹の痛さが半端なかったです。

 

ピルを使って起こした生理だったからあれほど痛かったのか、たまたまだったのかは分からなかったのですが、すごく印象に残っていて、もし今度ピルを服用する機会があったら覚悟しようと思いました。

 

けれど、それから1年ほどして、また無排卵月経になったので同じようにピルを服用し、生理を起こしましたが、その時はほとんど生理痛を感じませんでした。

 

だから、1回目の時の生理痛はたまたまだったのかなと思います。

 

≫ピルの通販はコチラへ