子宮内膜症と診察されました。

私は高校生のときから生理痛が重たく、生理が来ると保健室で授業を休んだりしていました。
それでも、みんな生理痛はある程度あるものだからと割り切って、特に病院にも行かずに過ごしていました。

 

ですが、年齢を重ねるごとに生理痛が重たくなり、彼氏と性行為をしている時にも子宮の痛みを感じることが増えてきたので、思いきって病院に行きました。

 

正直婦人科はもっと年齢のいった女性が通う所だと思っていたので、20代前半で婦人科に行くことは最初かなり恥ずかしかったです。

 

それでも母や、バイト先のおばさん達の薦めもああったこともあり、一人で行きました。産婦人科だと変な目でみられそうだったので、婦人科がメインのクリニックを探して診察してもらいました。

 

問診や内診などした結果、先生から「内膜症かもね」と言われました。名前は知っていましたが、まさか自分がそうだとは思ってはいませんでした。

 

かもね?という言葉にひっかかりつつもそこからしばらくして、ピルをのむ生活が始まりました。
後で知ったのですが、子宮内膜症を決定する為には大掛かりな検査が必要なので、だいたいの診察で決めてしまうことが多いようです。

 

私が飲んでいたのは低容量ピルというものです。
ピルを飲んだ最初の日は特に異変を感じなかったのですが、しばらく経つと吐き気や体のほてりで眠れない日もありました。

 

ですが生理痛がないことを思うとそういった症状に耐えることが出来ました。
あの時の気持ち悪さからは想像出来ませんでしたが、今ではピルにもだいぶ慣れ普通に生活しています。

 

生理痛もないので、私は低容量ピルを飲んでよかったと思っています。